男目線で義理チョコの渡し方を考える

男目線 義理チョコ 迷惑にならない渡し方

男目線 義理チョコ 迷惑にならない渡し方

義理チョコ 渡す

 

 

それでは、義理チョコの迷惑でない渡し方を男目線で考えてみようと思います。

 

 

 

今回はケース別に、渡し方を考えます。

 

 

 

職場の男性全員に渡すケース

 

 

 

まず、このケースだと、職場の女子職員みんなでお金を出し合ってチョコを購入するのが一番いいです。

 

 

 

そうすれば、男性職員側もお返しをみんなで用意すればいいだけなので、負担が軽くすみます。

 

 

 

 

しかしどうしても、1人で職場の男性職員全員にチョコを渡すことになった場合は、渡し方に一工夫した方がいいと思います。

 

 

 

 

まず、このケースだと、配って回るのが一般的だと思います。

 

 

 

 

 

しかし、義理チョコを嫌がるような人は、配って回られたら、面倒に思います。

 

 

 

 

 

「直接こんな感じで渡されたら、お返しとか考えないといけないじゃんめんどくさー」みたいな感じですね。

 

 

 

 

 

そこで、男目線でいうと、休憩スペースやお菓子置き場などに、さりげなく置いておくといいと思います。

 

 

 

 

それなら、お返しするにしても、同じような、返し方でいいし、男性職員の負担も軽くなります。

 

 

 

 

 

 

職場の全員ではなく、個人的にお世話になった人に渡す場合

 

 

 

 

全員には渡さず、個人に渡す場合は、それほど渡し方に気を付ける必要はないと思います。

 

 

 

 

個人的に義理チョコを渡すということは、それなりに信頼関係が出来上がっているので、もらう男性もきっと喜んでくれますよ。

 

 

 

 

 

ただ、渡している人、渡していない人がいることが他の人にわかると、面倒なトラブルになる可能性もあります。

 

 

 

 

 

「あいつはチョコもらってるのに、俺はもらってないな」みたいに。

 

 

 

 

 

ですので、こっそりと渡してあげた方がいいと思います。

 

 

 

 

 

周りにあまり人がいないシーンでこっそり渡したりするのがいいですね。

 

 

 

 

 

もしくは、席にメッセージ付きでこっそり置いておくとか。

 

 

 

 

 

この時デスクに置いてしまうと、誰かに見られたりするので、椅子の上に置いておけば、周りの人は気づきませんよ。

 

 

 

 

 

このように、渡し方に一工夫すれば、迷惑がられることはなくなりますよ。

 

 

 

 

しかし、義理チョコを渡すにしても、どんな人に渡せばいいのか迷いますよね。

 

 

 

 

 

そう簡単に、全員には渡せない時もありますし。

 

 

 

 

では具体的にどういう人間関係の人に渡すべきかを、次回は書こうと思います。

 

 

義理チョコ 渡す

 



ホーム RSS購読 サイトマップ