男目線で義理チョコを渡すべき相手を考える

男目線で考える。義理チョコを渡すべき人、そうでない人

男目線で考える。義理チョコを渡すべき人、そうでない人

義理チョコ 渡す

 

 

 

前の記事で、義理チョコは渡すべきだと意見しました。

 

 

 

でも実際渡すとなると、誰に渡したらいいのだろうかと迷いませんか?

 

 

 

渡す人と渡さない人の線引きって難しいですよね。

 

 

 

もちろん、渡せるなら、職場の全員に渡した方がいいでしょう。

 

 

 

理由は、その方が公平だからです。

 

 

 

しかし、現実的に考えて、全員に渡すのは、費用的にも、物理的にも難しいなんていうケースもあると思います。

 

 

 

そんな時には、誰に渡すべきでしょうか?

 

 

 

男目線で考えてみます。

 

 

 

お世話になった人に優先的に渡すべき

 

 

義理チョコ 渡す

 

 

私が考える、渡すべき相手は、お世話になった人です。

 

 

 

それは上司・同僚等関わらず、自分がお世話になったと思う人には、チョコを渡すべきだと思います。

 

 

 

日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを述べる機会って案外少ないですよね。

 

 

 

改まって、いきなり、「ありがとう」と言うのも不自然ですし。

 

 

 

男側からしても、びっくりします。

 

 

 

そこで、バレンタインというイベントを利用して、感謝の気持ちをチョコに込めて贈るのです。

 

 

 

男目線からすると、義理チョコでも、バレンタインにチョコをもらえると、嬉しいです。

 

 

 

親しくしている人や、信頼関係ができている人からもらえると、特に嬉しいです。

 

 

 

お世話になった人、さらにはその中で、これからもお世話になるであろう人には、感謝の気持ちを込めて、義理チョコを贈ってみてはどうでしょうか?

 

 

 

ではどんなチョコを渡せばよいか

 

 

 

では、いざ渡すとなると、どのようなチョコを渡せばいいのか迷う方もいると思います。

 

 

 

そこで、次の記事から、男目線で見て、どのようなチョコが嬉しいかを紹介していこうと思います。

 

 

 

義理チョコ 渡す


ホーム RSS購読 サイトマップ